MCX研究所

新型マイクロチャンネル熱交換器(MCX=Micro-Channel Heat Exchanger)は、
新型S字形状のフィンにより構成される流路構造を採用し、従来とは全く異なる伝熱促進機構(技術の詳細参照)により、低圧力損失、小型、高効率を特長とするプレート式熱交換器である。
新型S字形状は、並列計算機による三次元熱流動解析(3D-CFD)により創出され、
同じ伝熱性能の条件下で圧力損失が約1/6という性能
を有する。この画期的な性能は、ガスタービン発電システム(再生熱交換器)と家庭用ヒートポンプ式給湯器(エコキュートのガスクーラー)を模擬した伝熱流動試験で検証された。
MCX研究所は、 新型マイクロチャンネル熱交換器を幅広く産業界で活用してもらうことで、大学の研究成果を民間に還元することを目指し、平成21年3月24日に設立され、下記を実施する。
 3D-CFDによる新型マイクロチャンネル熱交換器のカスタム設計と製作
 ・エネルギー・システム構築にかかわるコンサルティング業務
新型マイクロチャンネル熱交換器は、大学において性能検証のために製作されて以降、MCX研究所は、以下の熱交換器などにおいて使用条件に応じたカスタム設計を行い、製作・納入した。

会社概要

組織名株式会社MCX研究所
MCX Institute Inc.
住所〒299-5107
 千葉県 夷隅郡 御宿町 浜381
電話番号0470-62-5630
資本金4,500,000円
創立年月日平成21年3月24日

事業目的

 (1)新型マイクロチャンネル熱交換器の設計、開発、製造及び販売
 (2)エネルギー供給に係わるシステムの研究、開発、販売及びコンサルティング業務
 (3)エネルギー供給に係わる設備機器の研究、開発、製造、販売及びコンサルティング業務
 (4)前述に付帯する一切の業務

役員

代表取締役加藤 恭義
取締役熊井 規
取締役佐野 正和
取締役佐藤 勝
監査役鳥谷部 圭治
©COPY RIGHT MCX Institute Inc. ALL RIGHT RESERVED.